English中文日本语
 
ホーム >> 会社紹介 >> 管理チーム


楊建華, Ph.D., 会長とCEO

 楊建華博士は上海康鵬化学株式会社の創始者です、1996年から創立以来ずっと会社の会長兼CEOを務めています。楊博士は1988年で中国科学院の上海有機化学所の理学博士の学位を獲得して、今年で二十年のフッ素係有機化合物を合成経験があります。楊博士は1991年で、中国科学院から発表する国家自然科学賞一等賞を獲得し、

1993年で国家科学技術委員会から発表する国家自然科学賞二等賞を獲得し、1987年で中国化学学会から発表する靑年化学賞を獲得しました。


袁雲龍、常務副総裁

   袁さん今は常務副総裁を担当しています、1997年から入社した以来、2007ねんまで開発部を仕事するのうち、2001年から2005年、開発部のマネージャーを仕事し、2005年から2007年、開発部ディレクターを仕事し、2007年から2009年、生産部ディレクターを仕事しました。袁さんは1996年に华东理工大学で卒業しました、工業用触媒の学士を獲得して、もう10年以上のフッ素係有機化合物の開発と生産の経験があります。弊社に入る前は南京化工グループで技術員を担当しました。

 

亓偉年 常務副総裁

    亓さんは常務副総裁を担当していて、市場を管理しておよび、対外の開拓と販売する事、QCQAも担当します。亓さん1997年に会社の創立する時初めの康鵬に参加して、相前後して質保部を担当して、販売部のマネージャー、総監督を主管します。亓さん1991年に上海科学技術大学を卒業して、化学の学士を得ました。上海康鵬に参加する前に、彼は中国科学院の上海有機化学研究分析テストセンター技師に関わらず、専門の学術の刊行物上で論文の数十編を発表しのでことがありました。

何立博士は副総裁

   何立博士は副総裁を担当していて、会社のエンジニアリングセンターの仕事を研究開発します。何さんは20061月に上海康鵬科技株式会社に参加して、研究開発部プロジェクトマネージャーからし始めて、プロジェクトチームに研究開発の仕事に従事するように連れて、主に電子の材料、農薬と医薬の中間体の研究に従事して、主に商品化の製品の技術の開発と最適化に重点をおきます。何さんは2005年に華東理工大学の化学部を卒業して、理学博士の学位を得ました、さらに、“2006年の普陀区の科学技術の新人”、“2013年の普陀区の青年の英才”、“2014年の普陀区の高レベルの人材”などの栄誉の称号を得ました。

 

 




CopyRight (C) 2013 Shanghai Chemspec Corporation All Rights Reserved. 沪ICP备05057326号